Hulu(フールー)の番組情報

新しい声優陣の演技に注目!『ルパン三世 血の刻印~永遠のMermaid~』【ネタバレ&感想】

新しい声優陣の演技に注目!『ルパン三世 血の刻印~永遠のMermaid~』【ネタバレ&感想】_アイキャッチ

ストハイ-https://streaming-high.com/movie/

ルパン三世のテレビアニメ化40周年記念作品として公開されたテレビスペシャル『ルパン三世 血の刻印~永遠のMermaid~』を観ました!
国民的アニメの代表作ともいえるルパン三世ですが、テレビアニメが放映されてから40年以上も経っていると知ってびっくり。
そんなに昔から愛されているアニメなんですね。

本作から石川五右衛門・峰不二子・銭形警部を担当している声優陣が一新されました。

石川五右衛門役は井上真樹夫さんから浪川大輔さんへ、峰不二子役は増山江威子さんから沢城みゆきさんへ、銭形警部役は納谷悟朗さんから山寺宏一さんへと大きく変更。

準主役級のキャラクター陣の声優の変更について、本作が公開される前にはかなりの批判もあったようです。

というわけで、ストーリーとともに、新しく起用された声優陣の仕事ぶりも気になりますよね!
まずはここで本作のあらすじを少し紹介しましょう。

スポンサーリンク

『ルパン三世 血の刻印~永遠のMermaid~』あらすじ紹介

藤堂という悪党から「人魚の鱗」という幻の宝石を盗むように脅されたルパンは、宝石が出品されている闇オークションで見事盗むことに成功します。

オークションで「人魚の鱗」を出品していたのは、表向きは医療機器メーカーの社長をしている氷室というちょっと胡散臭い男。
「人魚の鱗」を盗まれた氷室は、ルパンに盗みを依頼した藤堂を殺してしまいます。

しかし、氷室の本当の目的は藤堂を殺害することではなく、付き人であった美沙だったのです。
美沙は、かつて人魚の肉を食べて不老不死の力を手に入れた八尾比丘尼の子孫であり、超活性細胞の持ち主。

命にかかわる重傷を負っても元の状態に回復するという体質を持って生まれてきたのです。
氷室の狙いは、そんな超活性細胞を持つ人間を大量に生み出し、軍事的に利用させる事。
美沙の事を姉と慕う麻紀から泥棒を教えて欲しいとしつこく頼まれたルパンは麻紀に、美沙の事は氷室から必ず盗み出す、と約束します。

そしてルパン一行と氷室、そして銭形警部たちは八尾比丘尼の財宝が眠る海鳴島へと向かうのです。

思っていたより良かった、声優陣の一新

気になっていた声優陣の変更については、全く違和感を覚えませんでした。

石川五右衛門を担当した浪川大輔さんは(ちょっと出番は少なかったのですが)五右衛門らしい耽美な声を演出していましたし、峰不二子役の沢城みゆきさんは当時27歳だったにも関わらず、増山江威子さんに負けず劣らずのセクシーボイスを堪能させてくれました。

そして銭形警部役の山寺宏一さんに関して言えば、この人は一体どれほどの声を使い分けることができるのだろうと感心するほど銭形警部のイメージにピッタリの声を演じていました。
たぶん、ルパンの事を人並に知っているっていう程度の人だったら、3人の声優陣が変更になったことに気が付かないはず。
それほど今回の声優陣の変更は、ルパン三世シリーズにぴったりでした。

『血の刻印』というだけあって、ちょっとグロテスクなシーンも多め
ルパン三世シリーズって実は直接的な出血のシーンって少ないのですが、本作に関して言うと、序盤からかなり多くの出血のシーンが登場します。

あらすじでも紹介したように藤堂が殺害されるシーンでは、剣が体を貫いて派手に血が噴き出すシーンがありますし、殺し屋・影浦と石川五右衛門の一騎打ちのシーンでも、影浦は派手に切られて血を吹き出しながら倒されます。

そしてラストでは化け物になってしまった氷室に対して、ルパン一味は何発も銃弾を発射します。
銃弾を喰らいながらもルパン一味を圧倒する氷室の姿は、まさに不死身の怪物。

最後には人間としての理性も失い、五右衛門に首を跳ね飛ばされ、ルパンが発射した銃弾を食らい絶命します。
ちょっと血が苦手な人が見たら、目をそむけたくなるシーンが多いのが本作の特徴ですね。

ルパン一世が盗めなかったものが明らかになる

八尾比丘尼の財宝を過去に盗もうとした者がいました。
それがルパン三世の祖父であるルパン一世。

ルパン三世は、ルパン一世が八尾比丘尼の財宝を狙っていたことを実は知っていました。
狙った獲物は必ず盗むというのがルパン一族。
ルパン三世が八尾比丘尼の財宝を狙っていた本当の理由は、ルパン一世がなぜ八尾比丘尼の財宝を盗めなかったのか確かめることだったのです。

結局、八尾比丘尼の財宝というのは、実は八尾比丘尼の不死の肉体そのものだったのですが、確かにこれは盗めないですよね。

本作のラストでは、八尾比丘尼の精神が美沙に乗り移ります。
そしてルパン三世の事をルパン一世だと思い込んだ八尾比丘尼は、ルパンと再開できたことに感謝して成仏することができたのです。

まとめ

本作はルパンシリーズとしては珍しく『炎の記憶』以来の日本を舞台とした作品です。
それにルパンならではのアクションシーンも充分に楽しめますし、どことなく昔のルパンを感じさせる作画も個人的にはヒットでした。

そして何よりもルパン三世シリーズの良さを十分に発揮してくれた新しい声優陣の活躍に拍手を贈りたいですね。
本作は新しくなったルパンシリーズの第一作目として、ルパンファンなら絶対に見逃せない作品なのです。

『ルパン三世 血の刻印~永遠のMermaid~』を見るならHulu!2週間トライアルキャンペーン中!公式サイトはコチラ!

紹介している作品は、2018年8月3日時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHulu公式HPにてご確認ください。

hulu

人気記事ランキング

  • この記事を書いた人
ragmode

ragmode

Huluで古き良き映画やアニメを見るのが趣味です。
「他の人にもぜひ見て欲しい!」と思った名作たちの魅力を丁寧な言葉で綴ります。

-Hulu(フールー)の番組情報

© 2021 ストリーミング・ハイ!ーMovie Boardー