ストリーミング・ハイ!ーMovie Boardー

動画配信ジャンキーが届けるハイな映画・ドラマ・アニメ情報サイト

Hulu(フールー)の番組情報

原作の世界観を忠実に再現!映画『寄生獣』は完結編まで観るべし!【ネタバレ注意!】

投稿日:2018年3月12日 更新日:

原作の世界観を忠実に再現!映画『寄生獣』は完結編まで観るべし!_アイキャッチ

ストハイ-https://streaming-high.com/movie/

映画「寄生獣」を観ました。岩明均の原作をもとに実写化した映画です。

寄生獣独特の表現をどのように魅せてくれるのか、映画を観る前からとても気になっていました。

映画で実際に観た感じ、どうみてもCGなんですが、寄生獣特有のクネクネした動きが見事に再現できていたと感じました。

ストーリーはおおむね原作と同じなのですが、映画特有の設定などもあり、原作を読んだ事がある人でも、それなりに楽しめるかと思います。それではさっそくあらすじを紹介します。

スポンサーリンク

映画『寄生獣』あらすじ

原作と同じナレーションでこの映画は始まります。

「人間の数が半分になったら、燃やされる森の数も半分で済むのだろうか。」

「人間の数が百分の一になったら、垂れ流される毒も百分の一になるのだろうか。」

突如として現れた、太ったミミズのような奇妙な生物が次々と人間の脳を乗っ取っていく。主人公・泉新一も脳を乗っ取られそうになったところを、機転を利かせて食い止めることができました。

しかし、脳は無傷で済んだのですが、右手を寄生生物に乗っ取られてしまいす。右手に寄生した生物を「ミギー」と呼ぶように指示された新一は、寄生された右手の生物との奇妙な共同生活を始めるのです。

映画では新一は母親との二人暮らしでした。ここが原作とは大きく違うところですね。母親の信子は薬剤師をしており、母子家庭で新一を育てています。

ミギーはとても勉強熱心であっという間に人間の言語や文化を学んでしまいます。その一方で、人間の脳みそに対する寄生に成功した他の寄生生物は、人間の捕食をあちらこちらで発生させるのです。

そんなある日、ミギーが自分と同じ生物の存在を感知します。そこで中華料理店の店主の体に寄生した仲間を発見するのですが、新一のことは仲間ではなく、敵として強く認識されます。

ミギーが脳を乗っ取っていないことに対して強く警戒しているのです。ミギーと店主との戦闘が始まるのですが、ミギーはあっという間に相手の頭部を切断して勝利します。

新一の通う学校に、寄生生物に寄生された女教師の田宮良子が赴任してきます。教師として人間生活をまっとうに送っている田宮の存在にとても驚いた様子のミギー。

田宮もミギーとの会話を望んでいたようで、水族館で新一・ミギー・田宮の3人は話し合います。

水族館で話し合いをした田宮は、別の仲間である島田秀雄と警察官のAという人物を紹介します。田宮とAはセックスをして妊娠したことを告げます。寄生生物に寄生された人間の子供は何なのか。田宮は問います。

結局お腹の中にいる子はただの人間であると判明し、寄生生物には繁殖能力がないということを指摘します。

田宮は人間との共存の道を探しているようです。人間の事を捕食対象としてしか見ていない寄生生物ですが、ミンチ殺人のニュースも下火に向かいます。

なぜなら、やみくもに人間を襲うのではなく、寄生生物なりにいなくなっても大丈夫だと判断した人間にしぼって捕食するようになっていったからです。

Aはミギーと新一を待ち伏せして襲おうとします。ミギーと新一は協力してAを倒すことに成功します。胸を鉄パイプに貫かれたAですが、絶命する直前に、通りがった新一の母親に寄生することに成功します。そして再度ミギーと新一を襲うのです。

母親の姿をしたAを見て、どうしても寄生されたと信じたくない新一。新一はAに心臓をひと突きにされ倒されます。Aはそのまま姿を消し、ミギーは倒れた新一の肉体の再生を図るべく、進一の体内に潜って治療をするのです。

一命を取り留めた新一は母親の死を受け入れざるを得ませんでした。ミギーによる再生術の結果、ミギーの細胞が新一の体じゅうに取り込まれており、進一の精神と肉体にわずかですが寄生生物特有の性質が備わるようになってしまいます。そして進一は母親の仇うちをすることを決意するのです。

そして今度は寄生生物の島田が新一の学校に転校してきます。美術部でモデルを頼まれた島田は快く引き受けるのですが、友人から冗談で髪の毛を抜かれてしまい、寄生生物であるということがばれてしまいます。

美術部員に襲い掛かろうとする島田。里美は剥離剤を島田に投げつけることに成功し、その結果、島田は我を忘れて苦しみ始めます。田宮も「騒ぎを起こす仲間は嫌いだ」と言って爆薬を使って島田を爆破します。

爆発によっても致命傷にならなかった島田でしたが、進一が鉄パイプを矢にして島田を貫いたことにより、ようやく島田は絶命します。新一はAに対してようやく復讐を果たすことができたのです。

寄生獣が持つ独特の世界観がうまく表現できた作品

「人間の数が半分になったら、燃やされる森の数も半分で済むのだろうか。」というナレーションから「人間は実は悪い奴」という話に進んでいくのかなと思っていたのですが、そういう感じではありません。

「地球上の誰かが思った」から、あのミミズのような寄生獣が発生したとすれば、結局「寄生獣」って何なのっていう疑問はどうしても湧いてしまう。でも作品の中で、寄生獣の起源に関するネタは一切でてこないのですよね。

原作を知っているので、とても気になっていた「寄生獣が人間を捕食するシーン」顔の輪郭がぐちゃぐちゃになって、人間を丸かじりにするあのグロテスクなシーンです。原作から感じられる印象をそのまま映像にしたようになっていて、個人的にはかなりよかったです。

言葉にしてしまうと、とてもグロいシーンのはずなんですけど、丸かじりにする行為が一瞬すぎて、怖さや気持ち悪さを感じる隙がまったく無い(笑

この映画「寄生獣」ですが続編として「完結編」があります。原作通りに進むとするとストーリーはだいたいわかっているのですが、映画独特の表現にも興味があるので、引き続き完結編も目が離せませんね!

映画『寄生獣』を見るならHulu!2週間トライアルキャンペーン中!公式サイトはコチラ!

紹介している作品は、2018年8月3日時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHulu公式HPにてご確認ください。

hulu

  • この記事を書いた人
ragmode

ragmode

Huluで古き良き映画やアニメを見るのが趣味です。
「他の人にもぜひ見て欲しい!」と思った名作たちの魅力を丁寧な言葉で綴ります。

-Hulu(フールー)の番組情報

Copyright© ストリーミング・ハイ!ーMovie Boardー , 2019 All Rights Reserved.