ストリーミング・ハイ!ーMovie Boardー

動画配信ジャンキーが届けるハイな映画・ドラマ・アニメ情報サイト

Hulu(フールー)の番組情報

【ネタバレ注意!】『ゼロ・グラビティ』圧倒的なリアリティを堪能しよう!

投稿日:2018年3月10日 更新日:

【ネタバレ注意!】『ゼロ・グラビティ』圧倒的なリアリティを堪能しよう!_アイキャッチ

ストハイ-https://streaming-high.com/movie/

映画『ゼロ・グラビティ』を観ました。2013年に公開された映画で、IMAXで観るとすごいことになってる、と高く評価されていた本作。

私はIMAXを使った映画館で見る事はできなかったのですが、Huluで配信されているのを発見して、わくわくしながら再生しました。

予想のはるか上をいく映像に大興奮!なぜ映画館で観なかったのか後悔しまくりでした。というわけで、ゼロ・グラビティのあらすじをざっくりと紹介します。

スポンサーリンク

『ゼロ・グラビティ』ネタバレ&あらすじ

宇宙空間でミッションを遂行していたメディカルエンジニアのライアン・ストーン博士と宇宙飛行士のマット・コワルスキー。

マットはいかにも優秀といったタイプのチームを率いているリーダーで、ライアンは優秀だけどちょっとどこか頼りないところがあるエンジニア。

船外で望遠鏡の修理をしているのですが、何度データを地球に送信してもうまくいかない様子。しっかり修理しようと四苦八苦しているところ、マットたちにある連絡が届きます。

それは、ロシアが衛星をミサイルで破壊し、その破片が宇宙空間を高速で移動しているという連絡。ですが、その破片(デブリ)はマットたちのいる宇宙船には届かないとのことでした。

安心して修理作業を続行しているのですが、今度は、さっき連絡した破片が、別の衛星にぶつかってしまい、その破片がマットたちいるシャトルと同じ軌道に飛んでくるとのこと。

急いでシャトルに戻ろうとするのですが、デブリは時速3万2000kmのスピードで容赦なく襲い掛かり、マットとライアンの一行に甚大な被害が発生するのです。

デブリによる被害で生き残ったのは、ライアンとマットの2人のみ。しかもシャトルのアームが破壊されてしまい、ライアンは一人で宇宙空間に放り出されてしまいます。

酸素の残り容量10%。宇宙空間にたった一人ぼっちになってしまい、もはや絶望と諦めしか感じられない状況。その窮地を救ったのはマットの冷静な呼びかけでした。

その後、マットはなんとかライアンの位置を突き止めることに成功し、ライアンを括り付けて、ともにシャトルへと戻る事ができました。

ですが、シャトルはボロボロ。これでは地球に帰ることができないので、2人は近くにある国際宇宙ステーションに向かう事にしたのです。

ところが、国際宇宙ステーションに到着の直前、マットの小型ロケットの燃料は尽きてしまうのです。最後の噴射で国際宇宙ステーションに体当たりすることになったのですが、その時の衝撃で、マットは宇宙空間に放り出されてしまいます。

マットとライアンはロープで結ばれていたのですが、このままでは2人とも宇宙空間の藻屑となってしまう。そう思ったマットは自らロープを切り離して、独りで宇宙空間へ流されていくのです。

2人の距離がどんどん離れていく。そんな状況で、マットはライアンに対して、必ず生きて地球に戻ることを約束させます。

とうとう1人になってしまったライアンでしたが、国際宇宙ステーションの中に入る事に成功します。ところが今度は国際宇宙ステーションの中で火災が発生。

なんとか火災を逃れてソユーズに乗り移ります。ですが、ソユーズは着陸用のパラシュートが開いてしまっていて、地球に戻ることはできない。

ライアンは自ら宇宙船の外に出て、パラシュートを切り離すことにします。ところが、ここでも再度、デブリが襲い掛かるのです。

ライアンは必死の思いで、パラシュートを取り外すことに成功します。そしてソユーズを使って目的の宇宙船である天宮に向かおうとするのですが、なんとソユーズは燃料切れであることが発覚します。

万策尽きたライアンは、みずから船内の空気を抜いて死を覚悟するのですが、そこになんと、マットがソユーズにやってくるのです。

マットはライアンに逆噴射を利用すれば天宮まで行ける事を教えます。それを聞いたライアンは生きる気力を取り戻したのですが、そこにマットの姿はありませんでした。

そうです、ライアンの前にマットが再度現れたというのはライアンの見た幻覚だったのです。ライアンはようやく、「必ず生きて地球に帰る」と決意するのです。

圧倒的なリアリティを体感できる演出とストーリー

この映画は宇宙空間を取り扱った作品としては、これまでとはまったく違った作品だったように思います。まずはその映像のクオリティの高さに息を飲みました。

「これって本当に宇宙空間で撮影しているんじゃないの?」

と思わせるほど、無重力空間的な演出が決まってました。宇宙船の中でライアンがフワフワ浮かびながら移動しているシーンなどは、もはやどうやって撮影されたのか全く見当がつかないレベルです。

リアリティがあるのは映像の演出だけではありません。宇宙空間という極限状態で一人生き残りをかけて懸命に活動を続けるライアンの姿にも注目です。

本来、宇宙飛行士になるような人って、強いメンタルと肉体が要求されると思うのですが、どんなに訓練しても人間であることには変わりがありません。

宇宙空間でたった一人、という極限状況での人間の心理や行動がどうなってしまうのか、ライアンの姿を通じて疑似的に体験することができたのも高評価です。

まとめ

個人的に映画館で観たい作品No.1でしたが、Huluで初めて観た私でも十分楽しめる作品でした。

SF好きな人ならもちろん、普段SF作品は見ないという方にもぜひおすすめしたい作品です。ただ画面に映っている映像を観るだけでなく、自分が作品の中に入って「体感できる」っていう事が実感できる作品に仕上がっています。

興味をお持ちになられたらぜひ観てくださいね。

映画『ゼロ・グラビティ』を見るならHulu!2週間トライアルキャンペーン中!公式サイトはコチラ!

紹介している作品は、2018年8月3日時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHulu公式HPにてご確認ください。

hulu

  • この記事を書いた人
ragmode

ragmode

Huluで古き良き映画やアニメを見るのが趣味です。
「他の人にもぜひ見て欲しい!」と思った名作たちの魅力を丁寧な言葉で綴ります。

-Hulu(フールー)の番組情報

Copyright© ストリーミング・ハイ!ーMovie Boardー , 2019 All Rights Reserved.